●暖めてほしい・・・●

■今の生活って、もう私たちには極々当たり前になっていますが、
 人類の長い歴史から見ると…、とても変わった時代といっても
 いいですよね!

■今日はその中の一つ、「冷やすもの」を考えてみましょう。

■寒いのに冷やすもの?
 と思われるでしょうが、暖房が快適な最近は冷たいものも年中
 食べちゃいますものね…。

■さて、ここ数十年で大きく普及してきた冷蔵庫と冷房の普及は、
 快適さをもたらす一方で、病気を増やす大きな原因ともなって
 きました。

■冷たい飲み物や冷房で身体が冷えると、身体は体温を保つため
 にエネルギーを使い、消耗します。免疫力も当然落ちます。
 つまり、現代病と言われている、アトピーなどのアレルギー疾患
 なども身体の冷えがその大きな原因の一つとなっている可能性は
 大です。

■そしてこのような身体の冷えをダイレクトに導くことを続けると、
 身体はどんどん悪くなってきます。

■なぜこんな話しをするかというと、体験者は語る!なんです。

■私小学校のころ進学塾に通ってました。その時のことですが、
 エアコンが異常にきついのです。気が弱かったもんで、ゆるく
 してとも言えなかったんです。

■そして、そのころ確か、よく関節炎のような症状が出ていたよう
 に思います。

■で、シップ(消炎鎮痛剤)でさらに身体を冷やし、自律神経系の
 バランスを崩すような生活を一時的ですが、やってましたネ。

■また、冷たいものも大好きでした。

■で、中学生頃にはその延長で、アレルギー性の鼻炎が慢性化し
 ました。(もちろん今はないですが・・・)

■現在は夏場もエアコン(冷房)もできる限りゆるくして使うとか、
 普段冷たいものはほとんど飲まないですが、とりわけ、身体を
 冷やすと、自律神経系のバランスを崩し、慢性的な不調を誘発する
 可能性が非常に高いので、ご注意いただきたいです。

■とくにお子さんをお持ちのご父兄の方、現代の子供たちは、昔には
 考えられないほど大量の冷たいジュース、飲み物、アイスクリーム
 を簡単に飲食することができる環境にあります。

■したがって変な習慣がつくと、内臓を冷やし、消化管や腸を冷やし、
 体力が奪われ、免疫力、抵抗力が奪われる場合があります。

■快適に思える生活の中で、特にご注意いただきたいのが、この身体
 の冷やしすぎです。

■冬の暖かい部屋での冷たいもの(ややこしいですね。笑)もほどほど
 に。まぁ、たまには美味しくいただくのもいいですけどね…。

■ビールの本場ドイツでも、ビールの飲み頃は常温に近く、13〜16
 ℃だそうです。冷えすぎたビールは好まれません。

■冷たいお茶とか、アイスコーヒーなんていうのは、日本で独自に発達
 したもので、まぁ今は情報が行き渡っているから世界各地でもある
 でしょうが、なんでもアイスにするのは日本のメーカーさんの販売
 戦略的なものも大きいでしょうね。
 
■ともあれ、今一度点検してみて下さい。まずい習慣がついてないか
 どうかをご家族全員で…ぜひ!

今日もご来訪ありがとうございます。


インスパイア大澤osawa23  at 00:12  |  この記事をクリップ! カラダの冷え対策 | 食生活 

●動物たんぱくは少ないほうがベター●

■熱帯地域では、年中果物や野菜を食べられます。そのような地域
 は果物や野菜を中心とした食生活が自然なものです。

■ヨーロッパを中心とする亜寒帯の地域では、肉+野菜をバランス
 よくとるのが適応食。

■そしてご存知のように極寒帯ではエスキモーのような生肉を中心
 とした、肉脂肪食。

■で日本はというと、亜熱帯地域ということで、米を中心とした
 穀物食が中心食となります。

■非常に大雑把な捉え方かもしれませんが、結構うまく民族性、
 地勢をとらえているように思いますよね。

■それぞれの地域では身体がその地勢に適応ながら、その地域に
 合った食生活が長い歴史の中で培われてきたのです。

■ところが、現代は飽食の時代で、いろいろな地域、世界各地から
 いろいろな食べ物を輸入することもできるようになり、本来その
 地域では常食するべきでないものも簡単に手に入るようになりま
 した。

■なかでも、問題なのが動物たんぱくです。
 日本人の多くはどうやら動物たんぱくをたくさん摂るような身体
 の構造にはなってないのですね。

■よく言われるように、肉食をする欧米人と比べても日本人の腸は
 極端に長いため、腸の中で肉や他の動物たんぱくは、消化され
 ないで腐ってしまうのです。

■したがって、日本人に合っているベース食は穀物と野菜を中心
 とした和食です。

■なかでも植物タンパク、そして脂肪分まできっちり含有している
 玄米ご飯は、動物タンパクをとる必要性を栄養価的にもクリア
 してくれます。

■もちろん、完璧に肉や魚類を止めるというストイックなことは
 病気治療の食事制限など、必要な人以外は無理にはおすすめ
 しません。

 時に魚、たまに肉類を食するのも、良いでしょう。

■でも、軽いところでは盲腸などを含めた腸炎、さらに大腸がん
 などの病気になりたくない方は、この動物タンパクを減らし、
 しっかりと穀物・野菜中心の食事をを味わわれることをおすすめ
 します。

■ちなみに、穀類よりもステーキなどの肉類を主食のように食べる
 欧米の食文化。そこでは、活動に必要なエネルギーをとるため
 には、肉をビックリするほどたくさん食べます。その結果、
 脂肪も取りすぎてしまうのです。

■欧米、とくにアメリカで深刻な問題になっている、肥満の問題は
 この肉食文化の問題の一番の根源かもしれませんね。

■ところで、日本人はたんぱく質はどう摂る?
 そう、マメ類や豆腐、そして時に魚などから補われるのがよろしい
 のではないでしょうか。植物たんぱくを中心に据えて……。

■日本人には日本人の伝統にそった食事がやっぱり遺伝子に組み
 込まれています。
 
■あなたもいま一度食生活をチェックしてみませんか。
 なにしろ、死ぬまで続く習慣として(意外にそのこと忘れてませ
 んか。)、それを整えることは人生を左右する大事なのですから
 ・・・。

★本日もご訪問いただき、ありがとうございます。



インスパイア大澤osawa23  at 09:15  |  この記事をクリップ! 食生活