●排出系のお話●

次のようなお話あなたはどう思われますか?

「3人(Aさん、Bさん、Cさん)でお昼に蠣を食べに行った。でその時Aさんは食べてしばらくして猛烈な勢いではき始めた。Bさん、Cさんはなんら問題なかった。ところがその夜家に帰ってB,Cさん共に激しい腹痛に襲われ、食中毒症状となり救急車のお世話になった。もちろんAさんはその場で身体から出ちゃっているので、食中毒にはならなかった。」

いま私たちの身体は、感性が落ちている場合が多いです。

その原因は、いわゆる科学的という意味での分析は難しい、でしょう。

感性の分野を従来の科学的といわれる思考で考えるのは、あまりにも複雑ではないでしょうか?

いずれにしても、私たちは本来からだが要求してない、身体にとって必要ではない、香料、保存料、着色料など化学物質を知らず知らずに摂るうちに、味覚、触覚、嗅覚などを中心とした感性を落としているのは間違いないだろう、と私は考えています。

その結果、上記のような食中毒の際に、身体に害のあるものを即座に排出できない人が増えているのではないか、と思うのです。

内臓感覚とでもいいましょうか。そんな感覚が化学物質によって抑えられているのではないかと…。

識者といわれる人は、おそらく勝手な推測だ、とおっしゃられると思いますが、昨今の「うつ」や精神的な疾患も含めて、食にちなんだ影響を考えざるを得ないというのが実態なのです。

ところで、食中毒なんかの場合はこのように結果がすぐに出ますからまだいいんです。

たとえば、脳血栓、心筋梗塞など血管の詰まりによる病気なんかは少しずつ少しずつ悪いものが蓄積していきます。ガン、糖尿病もそうですよね。

そのときに、Aさんのように身体が危険を察知して排出してくれるような身体の感性。

これが現代の私たちには必要です。その第一歩は食を中心とするライフスタイルを見直していくこと。

このことを私はいま痛感し、声を大きくしてお伝えしているしだいです。


今日もここまでお読みいただき、ありがとうございます。



インスパイア大澤osawa23  at 09:24  |  この記事をクリップ! 排毒・デトックス | 免疫力・生命力・自然治癒力 

●砂糖は私たちの生活にいっぱい忍び込んでいる●

私ほとんど甘いもの食べないよー、という方も実は砂糖摂っていることが多いです。

と言いますのも、ソースやマヨネーズ、ケチャップや、カレー粉、食パンにも結構砂糖が入ってたりするんです。

そしてそれはどこでよく使われるのか?

はい、そうですね。外食の多い方がご注意っていうことですね。外食の味付けにはかなり入っている場合が多いですよね。

ケーキとか、コーヒー飲料(砂糖が何杯も入っている缶コーヒーのことです。)、菓子パンなど普段ほとんど摂らない方でも、上記のように知らず知らずのうちに摂っていることがある、ということにお気づき頂き、善処いただければと思います。

ところで、砂糖の害は、暗視野顕微鏡っていうその場で血液が見れる顕微鏡でみるとわかる場合が多いです。

酸素を全身に運ぶという極めて重要な役割をする、赤血球が糖分により隣り合わせてくっついてしまうのです。

結果、血管の中をスムーズに流れにくくなります。

これは甘いものをとらない主義の人でもよく「血液に」出ます。

それは先ほど申し上げたように、調味料やパンに入っている砂糖の影響を知らず知らずに受けている場合があるからです。

現代人ほど砂糖を無意識に大量摂取するということはこれまでなく、日本でもここ50年に満たないほどでしょう。

人類史に照らしても全く未経験の出来事だそうです。

発生解剖学者の故三木 成夫氏によると、
「野生のサルが、見物人の手から菓子をもらうようになると、かなり短期間に、虫歯と歯槽膿漏が現れるという。(中略)砂糖は、小腸の管腔内ではじめて造られるもので、それより手前の腸管部にたいしては、不自然な、むしろ毒物として作用しても不不思議ではない物質である。」

と砂糖をはっきりと毒物として扱っているのです。

毒物としての作用が明快に述べられている資料は少ないですが、赤血球の凝集により白血球の活動が弱められ、免疫機能が低下する、という理屈です。

こういう知識を理解すれば、お誕生日のケーキ、病気の方へのお見舞い、三時のおやつなどの甘い話には裏がありそうですね。(笑)

あっ、ちなみに砂糖は黒砂糖でも赤血球の連鎖は起こるようです。

私も時々甘いもの食べたりしますが、何事もほどほどが大切ですよね。

たまに意識して砂糖の摂り方を考えることをココではおすすめしておきます。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。


インスパイア大澤osawa23  at 12:39  |  この記事をクリップ! 食生活 | 化学物質・薬品の害