トップページ » ●腹減った〜!●

●腹減った〜!● 5

◆50年も昔といま根本的に違うのは、
 いわゆる日本を含めた先進国では、【飢え】がなくなったことです。


◆せいぜい、腹減った〜、程度ですよね!



◆が、日本でも、戦争前や戦後には、
 そういう【飢え】の状態を経験しているわけです。

 食べたくても、食べるものがない。

 あるいは、米がなくて、イモばかり、と
 食べるものが極端に限られていたんです。

 (戦後生まれの私たちはもちろん、最近の若い世代には
  全く身に覚えのないお話ですね。)


◆ですから、
 そんな時期を経験した世代は、
 私たち若年世代と比較すると、【カラダの感性】が高く、
 鍛え方が違う、ともいえるでしょう。


◆なぜなら、
 今の時代は、24時間コンビニが開いており、お腹が減ったら、
 ちょっと足を伸ばせばいいわけですから。

 カラダにとっては、極めて過保護な状態なのです。


◆ある意味、【カラダの感性】以上のスピードで、
 行動しているとも言えるかも知れません。


◆つまり、本当の空腹状態というよりも、
 なんか【口寂しいなっ!】
 って食べていることが多いことありません?

 意識はあまりしてないかもしれませんが・・・


◆結構そんな傾向ありますよね。

 (私も多分にあります。笑)


◆で、ここからが本題。

 要するに、今はいつでもどこでもなんでも食べられるわけ、
 ですよね!

 そうなると、内蔵は四六時中お仕事をしなければならなくなる。


◆【お肌は内臓の鏡】ともよく言われます。

 
 そこで、よりよいお肌、スキンケアをするためには
 内臓が休める時間を持ちたいんです。

 
 寝る直前まで何か食べて、
 胃様、腸様には、
 【わしは寝るから、頑張ってくれたまえ!】
 では、可愛そうですね。

 理不尽です。(笑)


◆ということで、スキンケアでお肌つるつるにするためには、
 ここは是非、おさえたいです。

 アトピーなんかでお悩みのあなたは特にご注目。

 なぜなら、アトピーの場合、
 ストレスの影響が大きいと言われているからです。

 そのストレスをついつい食べることで解消しよう!
 なんてことが多いようですね。


◆そう。
 おさえたいのは、

 【本当にお腹がすいたときに、食事を摂るってこと・・・】

 時間が来たからとりあえずでもなく・・・


 サプリメントや化粧品以前の基本ですよね!


◆ところで、
 本当に飢餓状態になると、

 人間は、そのあたりに散らばっているお札よりも、
 少しでも、お腹の足しになるものを必死で探し求めるんです。

 人間の価値観なんて、
 その時々の環境によって180度変わっちゃう、
 わけですね・・・

 



今日もここまで読んでいただき、ありがとうございます。

あなたとのご縁に感謝いたします♪

インスパイア大澤osawa23  at 09:07