トップページ » ●動物は自然に出産するのに・・・●

●動物は自然に出産するのに・・・● 5

◆先日12月8日の毎日新聞に出ていました。


 やっぱりネ!、っていうお話が・・・



◆それは・・・、


 陣痛促進剤の投与による副作用で、
 92年以降に、全国で母子合わせて127人が死亡。

 脳性まひ等重い障害を持った子どもは68人、
 精神障害などが残った母親5人。


 というもの。


◆被害者や医師、弁護士らでつくる市民団体
 【陣痛促進剤による被害を考える会】の調査で分かったそうです。



◆そして、原因は、医師の不適切な使用と見られています。



◆いわゆる、現代医学の薬には、
 大なり小なりの副作用って、100%あるんですよね。

 よくわかる例としては、
 風邪薬でも、胃がやられるので、
 胃薬がセットされますよね。(苦笑)

 (意外と、もうあまり意識してませんでしょ?
  こういう副作用って・・・。
  もはや無意識だということが一番怖いことだと思うんですよ・・・)


◆でも、上記のような実態がこのようにあったとしても、
 なかなか患者側で、追及は難しい、です。


◆となると、
 自ずから、そういう陣痛促進剤を使わない出産に取り組んだ方が
 安心かもしれません。


 使う側は、今度は、使わない場合のリスクを強調するのは明らか
 だとしても・・・


◆まぁ、妊婦やそのご家族側のポリシーに 
 最終的にはゆだねられることですが、

 そんな促進剤がない時代から人類は種を保存してきてますから、
 やっぱりより自然な方がいいのではと考えてしまいます。


◆その点、イヌやネコを含めた動物は、
 基本的に【自前出産】ですよね。


 だれからも教えられず、自分でやっちゃいます。


◆転じて、人間様の方は、
 医学が発達して、たくさんの薬ができても、

 上記のように不可抗力のままに死んでいく。



◆と、またまた、色々考えさせられますねー。



ということで、今日もお付き合いありがとうございます。

あなたのステキな一日をお祈りいたします♪


 

インスパイア大澤osawa23  at 11:22