トップページ » ●アトピーによく効くっていうお話は…●

●アトピーによく効くっていうお話は…● 5

少し前に、
輸入販売されていた保湿クリームで、
ステロイド検出事件というか、
トラブルがありましたよね!?


当然、販売当初、
販売サイドでは、ノンステロイドを謳っていた
ようです。

が、実際には、

化粧品には使用できない、いわゆる
最強クラスのステロイド
『プロピオン酸クロベタゾール』が検出され、
回収対象となった模様ですね。


現実にアトピーとか乾燥肌のケアに
上記クリームを使われた方は本当にお気の毒さまです。

中には、
『せっかく
脱ステロイドでがんばっていたのに…』
という方もいらっしゃるかもしれません。


とは言え、
実際には、このような事故やパターンは、
少なからず存在する!というのが事実だろう、
とインスパイア大澤は
思うんです。

私たちは、
それぞれの不調
すなわちアトピーや
乾燥肌、敏感肌等々に

少しでも効果のありそうなものを
私たちはついつい選択してしまうからです。


効くと聞きゃぁ、
そりゃー、不調を持つ身であれば
藁にもすがりたくなるのが普通というものです。


が、しかぁーし!…

効果が顕著なものは、
往々にして上記のような危険と背中合わせ
ということも言えるでしょう。


なぜならお肌のケアでは、

クリームやローションなど
外側からの力だけでは、

本質的な治癒・改善を含めた
そんなに深い変化
が起こるはずは本来なく、
(表面的な変化はあるかもしれませんが…)

私たちそれぞれがもつ(カラダの)内側の力
つまり内臓の各働きや免疫力、代謝力、再生力…
にこそ目を向け、改善努力していくのが
より本質的だと思うから、です。


そう、大切なのは、

私たち自身がもう一段かしこくなるべし!
っていうことかもしれません。


ではでは、どのように賢くなるべし!
なのでしょうか?


インスパイア大澤の経験則に沿って
まとめてみますと…

まず、
1.『効き目のあり過ぎるもの』には手を出さないこと。

次に
2.これでもか、と有効(と言われる)成分が色々たくさん入った
  クリームやサプリメント等々が必ずしも良いとは限らないことを
  知り(肌で感じ)、情報や知識に踊らされないこと。

そして、この2点を受けて
3.シンプルイズザベスト

こんなことが言えるかな、と…


まず1の効果のあり過ぎるもの、
例えば、塗ったらすぐに肌の炎症が治まるとか、
しっとりして乾燥がなくなるなどというのは、
上記のような(期せずした)ステロイド混入の可能性も
出てきますよね。

万が一、そういう効き目の高過ぎる何かに出くわしたら、
速やかに(一旦)止めるべし、です!

2は、
栄養を摂るのにあれもこれもとたくさん食べても、
カラダは消化・吸収しきれません。

お肌に塗るクリームや、あるいはサプリメントの類でも
おんなじですよね。

私たちは、
有効成分がたくさん入っていればよく効くのでは!
という幻想からキッパリと離れたいものです。

そして、
シンプルイズザベスト


そう、より身近なシンプル素材
をお肌のケアや保湿の
手助けとして活用してみる。

例えば、オリーブオイルとか
お酒とかビワの葉などなど…
昔からある智慧も参考に…。

で、そういったシンプル素材を手助けに、
日常の食を中心とした生活習慣全般
少しずつ見直していく。


そしてその結果として、

究極は、保湿やお肌のケアを、
大した手助けなく
カラダにまかせる』ところまでもっていくこと

つまり、何もしない!
理想です。


さて、冒頭の事件のようなトラブルは、
何もアトピーや乾燥肌、敏感肌だけのことでは
ありません。


(もちろん、
 ステロイド
 絶対的にカラダに悪いわけではなく、
 (その人にとって)必要な時・場合
 あることは言うまでもありません、ネ…)


注意すべきは
このようなトラブルの発端が、

『わかっちゃいるけど止められない』という
(症状や悩みをもった人にやむなしの)
デリケートな側面
だということ。

人間の心理的に弱い部分が
絡みついているわけですね。

これは、
ダイエットとかバストをどうのこうの(笑)
というようなものも
同様な要素を持っています。
(薬剤混入は別としても…)


でも、私たちはそろそろ
今の世の中にあり過ぎる情報
惑わされないよう賢くなるべき時期

ではないでしょうか。

そんなにうまい話、都合のいい話は
世の中にそうそうないよ!

ってネ!


ということで、
今日もここまでお付き合いいただき、
ありがとうございます。

あなたの、今調子の良くないお肌が
あなたの内側の生命力、自然治癒力で
つるつる、すべすべに良くなることをお祈りしつつ…♪

インスパイア大澤osawa23  at 14:34