トップページ » 生活習慣病(ガン、糖尿病など)
生活習慣病(ガン、糖尿病など)

●時には禁煙したほうが良さそう・・・!?● 5

◆たばこを吸う人は吸わない人に比べて、
 心筋梗塞など虚血性心疾患の発症の危険性が
 約3倍に高まる!



◆が・・・

 禁煙すれば、
 たばこを吸っている場合のおよそ半分以下に低下する

 ことが、厚生労働省研究班の調査で分かったそうです。
 (日経新聞 4月11日の記事よりより)


◆さらに、もう少し細かく・・・


 虚血性心疾患を発病する危険性
 ⇒ 喫煙男性:2.9倍
   喫煙女性:3.1倍


◆一日あたりの喫煙本数の分析では、

 14本以下 :吸わない人の2.3倍
 15〜34本:      3  倍
 35本以上 :      3.1倍

 と本数が多いほど危険性が増加。(男性のデータ)


 なお、心筋梗塞患者だけに絞ると、
 35本以上の人は4.4倍とさらに増えます。


◆ところが、
 途中で禁煙することにより、

 このデータは大きく変わります。
 ⇒ 吸い続けている人に比べて半分から十分の一
   (禁煙期間によりばらつきあり。)


◆イヤー、かなり大きい変化ですよね!

 私インスパイア大澤の実父も、
 ハードスモーカーで、
 絵に描いたように肺ガンになりましたが、

 これは喫煙者にも朗報ですね。


◆なぜって、
 完全禁煙にこだわらなくても、

 【できる範囲で禁煙努力】

 をすれば、少しはリスクが軽減できそうだから、
 です。


◆まぁ、
 時に禁煙することによって、

 血液をサラサラにしたり、善玉コレステロールを増やし、
 血液が固まりにくく、さらに血栓ができにくくなるようです。


◆私はたばこは吸いませんが、

 たばこが好きでたまらん(笑)人で、
 健康に留意したいあなたは、

 ぜひぜひチャレンジして下さいネ!


今日もここまでお付き合いいただき、ありがとうございます。

あなたのステキな今を心よりお祈りします♪

インスパイア大澤osawa23  at 16:25 この記事をクリップ!