トップページ » 湯洗
湯洗

●プルプルお肌のために;その2〜刺激を減らせ!〜● 5

『テレビコマーシャルで「弱酸性だから赤ちゃんの肌に安全」
と宣伝している某商品も問題だ。

確かに赤ちゃんを含め人間の皮膚は弱酸性だが、
だからといって「弱酸性の石鹸は安全」ではないからだ。

実際に、石鹸の使用を止めてお湯で洗うように指導しただけで、
赤ちゃんの大半の乾燥肌は改善してくる。』


『実は、人間の皮膚から分泌される物質(石鹸メーカーは
これを「汚れ」と称している)で、温水で溶けない物はない
のだ。

つまり、皮膚についている物は通常、温水で洗い落とせる
のだ。

石油や機械油などは石鹸でなければ落ちないが、それ以外
の皮膚の汚れに石鹸はそもそも不要なのである。』


『シャンプーも同様である。

頭皮から分泌されるもので水溶性でないものはない。

筆者は二年ほど前にこの事実に気付き、実験的にシャンプー
の使用を一切止め、一日一回の温水洗髪をしているが、

驚くことにシャンプーを止めてから明らかにフケが減り、痒み
がなくなり、しかも抜け毛も減少した。

おまけに、枕カバーにつく臭いも少なくなり、毎日シャンプー
で洗髪していた頃の方が明らかに変な酸っぱい臭いだった
ことを記憶している。』



(傷はぜったい消毒するな 夏井睦著 より引用)


昨今の視点では、

『どんなシャンプーやリンスが良いの?』

という見方に普通はなりますよね?


一般的には、

シャンプーするのは現代生活では当たり前!

という感覚になっています。

逆にシャンプーしないと、

不潔!!

というのが今の常識ではないでしょうか。

このような常識に対して、

上記書籍では、

シャンプーなんかしなくても
お湯で洗うだけで(普通は)十分ですよ!

(通常の)汚れは落ちるし、
むしろ頭皮にとっては刺激が少なくて、
より健康的です。

(著者は焼き肉やタバコのにおい消しにはシャンプーが
 必要で、地肌でなく、だけに使えば良いですよ!と
 お勧めされています。)

って言っているんですね!

で、著者の言葉をお借りしてもう少し詳細に
言うとすれば、

■シャンプーの強力な界面活性剤は皮脂を洗い流して、
 頭皮はその皮脂不足を補うためにかえってベタベタに
 →そしてまたシャンプー

■シャンプーで皮脂が洗い流され、ゴシゴシと地肌をこする
 結果、お肌のバランスをとる皮膚常在菌にも影響が及び、
 常在菌以外のさまざまな細菌が繁殖する
 →そしてまたシャンプー

なんていう良くないサイクル
シャンプーを使う、あるいは使いすぎることによって
おこってしまうようなのです。

そして著者の場合には、
そのシャンプーをシャットアウトすることによって、

さらに、

フケや痒み、臭い、
おまけに抜け毛まで減った

という結果を得ておられます。


あなたはこの結果どう思われます?


でも、臭そうとか…(笑)

気持ち悪くないかな!?

なんて思いますよね!


まぁ、
それが普通だと思います。

ところで、
実は私インスパイア大澤も、

とある情報筋よりいただいた
この湯洗いだけの洗髪を、この本を読む少し前から
試してるんです。

それ以前まで夏は毎日
それ以外の季節でも一日おき、くらいは市販のシャンプー
を使って洗髪してたんです。

それを
(大汗をかく)真夏も一日、二日おき
それ以外で週一日くらい、
あるいは、十日に一回程しかシャンプーをしない

という風に、ここしばらくやってみてるんですね。

シャンプーはゼロにはしてませんので、
上記著者ほど徹底はしてないわけですが、

それでも、
著者が言われているのと同様に、

フケや痒みが減ったり、抜け毛も減りますし、
臭いも格別ないですし、

もっと大きな変化は、
髪にツヤがでたり、しなやかになったり、

と、髪質が変わってくるいう変化を
私自身も経験して、ビックリしている次第なんです。

えーっと、
冒頭でも少しお話したように、

普通の観点では、

例えば、アトピーとか乾燥肌、敏感肌の場合は
どんなシャンプーを使えばいいかな?

刺激が少なくて、頭皮や皮膚に優しい成分の云々

となりますが、

このように、
現代の常識や日常を根本から見直してみると

例えば、対アレルギー体質の部分で
お肌への刺激が小さいほうが良いのならば、

シャンプーを(ほとんど)使わない

という選択肢もあるわけですよね。

リスク
はちょっと臭そう(笑)

位ではないでしょうか。

でも、実際にやってみるとわかりますが、

シャンプーを使わない湯洗いでも、
結構爽快になりますし、リンスをしたあとのように
サラサラ感をも感じることができる

そして、においも大丈夫!

なんていうお話があるとすれば…

そう、

やってみるべし!

だと思います。


このあたりも本当に人に聞いただけでは
面白くも何ともないですから、

このお話にピンときたあなたは、

ぜひ試してみて、

もしうまく行ったら、

アトピーなどお肌の悩みを持つ他の方にも
ご紹介してあげてください、ネ。


うん、このように
何気なく日常の習慣でやっていることの中には
結構曲者(くせもの)があるのかもしれません。

日常の習慣はほとんど無意識に近い状態で
やっているのでむしろ意識的に観ていく
必要があるんですね!

そして現代社会で健康・美容に役に立つのは、
多くの場合、

引き算

です。

何かを飲んで食べてとか、使ってのような
足し算ではなくってね!

止めるほうが大事な場合が
多いんですよね…。


ということで、
今日もここまでお付き合いいただき、ありがとうございます。
あなたの髪が湯洗いでツヤツヤ、お肌もツルツル・スベスベ
になって、アクティブな毎日を過ごされることをお祈りしつつ…♪

追伸
そして、よいお年を…

インスパイア大澤osawa23  at 15:17 この記事をクリップ!