トップページ » 無意識
無意識

●カラダと気持ちを一致させる!● 5

が向いたときは、その気が向いた方向のことが
サッとできます。

気が向かないとき、
なかなかその対象のことは進みませんよね!

カラダも同じで、気の合った仲間との食事では
黙っていても、手と口は自然に動きます(笑)。

気が合ってない人との食事、例えば接待の場とか、
上司や部下との食事。

仲間や家族とのように自然に食が進まない、
なんてこともあるかもしれません。

まぁ普段、あまり意識はしないと思いますが、

この気持ちとカラダの関係って、
私インスパイア大澤はとても重要だと考えるんですね。

とてもとても…。

ちょっとだけ別の角度からみてみましょう。

例えば相性がとてもいい仲間と時間を過ごしているときと、
家族なんだけれどどうも話がかみ合わない人と同じにいる時。

どっちが心地よいですか?

ってまぁ、答えは当たり前。相性の良い仲間といいる時に決まって
います。

では、カラダに良さそうなのはどっち?

っというとやっぱり相性の良い方、となりますよね。
当たり前といえば、当たり前です。

さて、ところで、
カラダと気持ちの一致ということを考えるときに大切になるのが
人間のの働きについてです。

以下、少し長くなりますが、引用してみますね!

『脳は「ヒトの脳」と「野性の脳」に分けることができる』

『「ヒトの脳」とは大脳新皮質のことだ。

「野性の脳」とは旧皮質プラス脳幹のことだよ。』

『カンタンに言うと、「ヒトの脳」とは、おもにヒトだけが持ってる
新しい脳で、「野性の脳」とは動物も持っている脳だ。つまり、
ヒトがヒトとなる前から持っていた古い脳のことだよ。』

『大脳新皮質とは言葉や数字を使って、論理的に考えたり
分析したりする働き。そして、イメージ力だ。』

『旧皮質とは感情の働き、脳幹は生命維持に重要な役割
を果たしているところだよ。

たとえば、呼吸のリズムを調整し、カラダが必要とする酵素
の量をコントロールしたり、心拍数や血圧を調整し、カラダを
流れる血液の量をコントロールする。

他にも睡眠、体温、食欲、性欲など…生命活動のすべてを
調整しているんだ。』

『「ヒトの脳」はコトバの世界、イメージの世界で働いている。

そして、「野性の脳」はカンジの世界で働いている。』

『そうだ、カンジの世界だ。

「〜みたいなカンジ」「〜のようなカンジ」のカンジだよ。』

『「離人症」の患者は、何をやってもそれをしている自分という
実感がないと言う。つまり自分というカンジを失ってしまったんだ。』

『カンジというのは、すごいものだと思わないか?
どんなに言葉やイメージを駆使しても、まったく足りないし、
表現できないんだよ。

この世界がこんなにリアル感に満ちて、イキイキしてるのも、
まったくカンジの世界のおかげだよ。』

『でも、ワシらはそれら(「野性の脳」)の働きについて、全く
無意識だろう。

もし意識すれば、「空気を2000cc吸って…アッ、酸素不足だ。
呼吸のスピードを1.2倍に早めなければ…。オッ、血液の流れ
も悪いぞ、もっと血圧を高めて…。シマッタ!こっちに気をとられて
息を吸うことを忘れてた…」なんてことになってしまう(笑)。

こんなことをイチイチ意識していたら、日常生活なんてできないよ。』

『「ヒトの脳」は分からず屋なんだよ。自分ひとりで何でもできる
とカン違いして、「野性の脳」と協力して働くことをしない。

だからしなくてもよい苦労をしてしまう。』

『いつも「野性の脳」に協力してもらえるようになれば、
奇想天外なアイデアやヒラメキがどんどん湧いてくる。
悩みや不安もたちまち消えてしまうはずだよ。』

(【「気」のプライベート・レッスン ありのまーさ著】より引用
 及び参考にさせて頂いています。)



いかがですか?

上記引用箇所には、
カラダと気持ちの関係をより良く一致させるためのヒント
たくさんありそうだ!と思いません?

そう、言葉や見た目のイメージ、ビジュアルが中心、優勢な
現代社会の弱い点などが垣間見えますよね!

機械ではない私たちのカラダ、生命がよりイキイキと働くため
には、原始脳、動物脳といわれる旧皮質部分を活性化する
必要がありそうですね。

現代社会が忙しく慌し過ぎるがために、
私たちは人間という生命体に過剰な負荷をかけすぎているのかも
しれません。

さて…

いずれにしましても、
私たちの社会生活では付き合いたくない人とも付き合わないと
いけないことも多々ありますから、

どこかでバランスを取るということが大切になってきます。

このサイトのメインテーマである、お肌をキレイにし、
アトピー性皮膚炎、アレルギーなどの皮膚トラブルを一新する
ためには、この「野性の脳」を活性化することを意識的に取り入れる
のが重要ということになります。

まぁ、つまり、
現代の社会生活では、
気持とカラダが一致しないことを強いられるということがあるがために、

偏った部分のバランス取りを行えば良いだろう!

っていうこと。


では、そのバランス取りの方法としてはどんなものがあるのでしょうか?

例えば、上記引用書籍では、
(座禅ではなくて)立って行う禅、立禅を推奨されています。

実は、この立禅、私インスパイア大澤もここ数年間、ほぼ毎日、
朝数十分程度は実践しているんです。

この項では端折りますが、この禅はたくさんの効用があるため
かなりおススメです。

それはさておき、
立禅でなくとも、他にも野生の脳、原始脳を取り戻せそうなことって
いろいろありますよね!

ヨガ、ウォーキング、体操全般、自然散策、深呼吸…  (運動系)
絵を描く、楽器を弾く、お茶、書道…            (芸術系)
などなどなど……。

何もこれじゃないといけない、ということはないと思います。

各自が自分に合った、カラダと気持ちを一致させる方法、
とりわけ、カラダと心の心地よさとをより良く感じることができる
方法を毎日の生活にできる範囲で取り入れる!

そんな習慣を持てれば、

自ずと、素敵なお肌、アレルギーやアトピー性皮膚炎など
お肌の荒れ、トラブルは自然と消えていくことでしょう。

大切なのは、言葉(主に聴覚)や視覚イメージを強調する世界
から解き放たれて、私たちが心地よさを感じる世界とリンク
していくことだと思うんです。

もっと素直にカラダの声、感覚的なものに触れる時間を持つ、
ということでもありますね♪

目に見えるもの、耳に聴こえることだけではなくって、ネ!


追伸
もうしばらくは(常温の)水の摂取が大切です。
実は今、とても水の美味しい季節なんですね!
合わせて、少し食事の量や飲酒の量などは軽くすると
春先に調子が上がりやすくなるようです。


今日もここまでお付き合いいただき、心より感謝いたします。
あなたのお肌が春に向けて生き生きとし、カラダと気持ちが心地よく
一致する、爽やかな季節を愉しまれることを心よりお祈りしつつ…♪

インスパイア大澤osawa23  at 17:28 この記事をクリップ!