トップページ » 良く噛む
良く噛む

●ウェル噛むウェル噛む● 5

「人間の腸壁が吸収できる大きさは、
 15ミクロン(千分の十五ミリ)で、
 それより大きな塊は、吸収されずに排泄されてしまいます。」


つまり、食物はしっかり噛んで食べないと、
十食べても三くらいしか吸収されない
ということが起こるわけですね。


★吸収されなかったものはどうなるの?

そうですよね!
食べ物を食べすぎた時と同じく、

腸の中で腐ったり、異常発酵が起こって、
カラダにとって良くない毒素となります。

で、せっかく食べたものが栄養になるどころか、

別途解毒のプロセスを足してあげないと立ち行かなくなる、

という嘆かわしいことになるわけですね。


単純に、吸収されないから排泄される、
というわけではなくて、

排泄されるためにも余分に過剰なエネルギーを使わざるを得ない、
っていうことです。


だから、基本中の基本で、
やろうと思えば今すぐ無料でできる、

【よく噛む】ということは、
とりわけ、お肌をキレイにしたり、アトピースキンケアの対策としても、
積極的に活用したいんですね!


よく噛んで、(食物を)唾液としっかり混ぜていただくことで、
消化吸収に必要な酵素が節約できる。

その分、解毒カラダやお肌の修復、エネルギーアップ、
カラダの恒常性維持のために使える酵素の量が増やせる、
ということになるんですよね!


特に、不幸にも今現在、お肌の荒れや炎症、乾燥などが
慢性化してしまった場合には、

よく噛む、ということは最優先にやりたいことの一つです。


逆に、
忙しいから、とか、時間がないから、と言って、
この噛むことを疎かにすると、免疫力や抵抗力のダウンをはじめとして、
その代償はあまりにも大きすぎる、と言わざるを得ないでしょう。


私自身も、
時に調子がよくないかな!?っていう時ほど
心していることでもあるんですよ。


あなたも今一度、
このよく噛むというということ、
例えば、一口に70回とか、100回とか、噛んだ後の、
ご飯の甘さなどなどを想い出しながら、
(※参考情報⇒ 噛む断食 )

カラダを大切に大切に扱ってみません?

食欲の秋に向けて、ネ♪



※よく噛むことを継続して習慣にするためには、
 噛んだ後の素敵な味覚
 を味わうといいですよ♪
 単に機械的に噛む、というだけではなくってネ!


※腸については、
 カテゴリー【腸をキレイにする】も参考にしてみてくださいね。


※今日のコラムも↓を参考に、一部引用させていただいています。
 本当に内容の濃い文献ですね。

 



今日もここまでお付き合いいただき、ありがとうございます。
あなたのカラダの恒常性が最高に働き、素敵な日常につながることを
お祈りしつつ・・・♪

インスパイア大澤osawa23  at 10:28 この記事をクリップ!